アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「離婚」のブログ記事

みんなの「離婚」ブログ


婚姻(結婚)とは?

2010/10/24 04:09
Q.婚姻(結婚)とは?

A.法的手続によって継続的な夫婦関係を結ぶことであり,婚姻関係にある夫婦間に生まれた子が嫡出子となる法的身分関係といえる。

離婚と婚姻(結婚)



離婚とは,婚姻関係を解消することです。したがって,離婚を語る前に,まず結婚・婚姻というものについて考える必要があるでしょう。

一般に,結婚・婚姻とは,継続的な夫婦関係を結ぶことと考えられています。

ちなみに,法律上は「結婚」という言葉は使いません。法律上,結婚のことは「婚姻(こんいん)」と言います。ただし,一般的には,婚姻と結婚は同義に捉えられる場合もあれば,「結婚する」ことそれ自体を婚姻という場合もあります。

婚姻



婚姻には,事実婚主義と法律婚主義とがあると考えられています。

事実婚主義とは,要するに,事実上夫婦関係があれば,法的な手続をとらなくても婚姻関係を認めるべきだとする考え方です。これに対し,法律婚主義とは,法的な手続をとらなければ婚姻関係を認めることはできないとする考え方です。

我が国では,法律婚主義がとられています。したがって,少なくとも法的な意味での婚姻というためには,法的な手続を踏んでいる必要があるということになります。

そして,その法的な手続とは,婚姻届の提出が必要となってきます。これを届出婚主義と呼ぶこともあります。

婚姻が成立すると,夫婦間には,夫婦の同氏,相互協力・扶助義務婚姻費用分担義務,同居義務,貞操義務などが課せられ,また,婚姻関係にある夫婦間に生まれた子供が嫡出子として認められるなどの法的な効果が発生することになります。

このような効果を踏まえ,婚姻とは,法的手続によって継続的な夫婦関係を結ぶことであり,婚姻関係にある夫婦間に生まれた子が嫡出子となる法的身分関係ということができると思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「離婚」ブログ

lsclawをフォローしましょう
Takashi Shiga

離婚問題の取扱説明書 離婚のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる